【オーガニック ハンドクリーム】手荒れケアにおすすめの人気国産オーガニックハンドクリームの選び方

オーガニックハンドクリームとは

お顔のケアはばっちりでも、手、指の先までしっかりとケアできていますか。
手は、首とともに、年齢がでやすい場所だと言われています。水仕事や手洗いなど、日々の生活で一番お肌に負担がかかっている手を、ハンドクリームでしっかりケアをしてあげましょう。
たくさんのハンドクリームが販売されていますが、その中でも、今、オーガニックハンドクリームが注目されています。
オーガニックハンドクリームとは、自然由来の成分を配合し、科学的な成分をなるべく使用せずにつくられたハンドクリームのことを言います。刺激が少なく、子供から大人まで、みんなが安心して使うことができます。ハンドクリームは毎日使うものなので、天然成分を使用した、質の高いものを使いましょう。ここでは、オーガニックハンドクリームについて紹介いたします。

オーガニックハンドクリームの選び方

香りや、使用感、自分の手の状態などから、自分に合ったものを選びましょう。オーガニックハンドクリームは、天然由来の成分を使用しているので、様々な植物や花の香りを楽しむことができます。気分によって香りの違うクリームを使い分けるのも良いでしょう。使用感についても、しっとりした使い心地のものから、さらっとしているものまで、色々な種類のものがあります。自分のお肌の状態にあった使い心地の良いものを選びましょう。オーガニックハンドクリームは、他のハンドクリームに比べて低刺激のものが多いですが、人によっては、合わない商品もあります。ひどく肌が荒れている状態の時は、ものによってしみたりする場合があるので気をつけましょう。可能であれば、サンプルでいろいろ試して、自分に合ったオーガニックハンドクリームを見つけましょう。

国際的な認証基準を満たしたものを選ぶこと

オーガニック食品に関しては、農林水産省による認証制度がありますが、オーガニック化粧品に関して、日本ではまだ認証の制度が確立していません。なので、化学成分を含んでいるのに、1種類だけでも、天然由来の成分の使っているというだけで、オーガニック商品として販売することができます。それに対し、オーガニック先進国である、フランス、ドイツ、イタリア、オーストラリアなどでは、国や地域によって、厳しい認証基準が定められています。これらの認証マークがついている商品を選ぶと安心でしょう。有名な認証マークとしては、世界で初めて作られたナチュラルコスメのガイドラインである「BDIH」や、他にも、「NaTrue」や「ECOCERT」、「COSMEBIO」、「USDA」、「ACO」、「ICEA」などがあります。

「オーガニック成分」がどのくらい含まれているか

オーガニックハンドクリームは、天然由来の成分を用いてつくられたハンドクリームです。オーガニックの商品には、植物由来(動物由来や鉱物由来のものもあります)の成分が記載されているので、例えば、「ゴマ油」や「ラベンダーエキス」など、私たちがしっている原料の名前が記載されています。それに対し、よくわからないカタカナやアルファベットの合成成分が表示されていたら、それは化学的に合成された成分である可能性が高いです。商品のパッケージやホームページをみて、用いられている成分を自分の目で確認してみましょう。

乾燥を防ぎたいとき

手の乾燥を防ぎたいときには、ココアバターやシアバター、スクワランを含んだハンドクリームがおすすめです。
ココアバターは、カカオ豆の脂肪分で、天然の酸化防止剤をふくんでいるので、軟膏など、薬としても使われています。シアバターは、アカテツ科のシアーバターノキの種子から作られたもので、こちらもココアバターと同じく、化粧品や石鹸だけでなく、薬としても使われています。これらはどちらも植物性油脂ですが、常温では固形の状態で、お肌にぬると体温で溶けるので、オイルではなく、バターと呼ばれています。どちらもオレイン酸を多く含んでいるため、保湿に効果があります。
スクワランは、サメの肝臓から採取した油脂で、クリームなどの原料としてよく使用されています。人間の皮脂の中には、スクワランと同じ成分をもったスクワレンという物質が存在するため、お肌によく浸透しやすく、保湿効果があります。

皮膚を柔らかくしたい

皮膚を柔らかくしたいときは、ミツロウやホホバオイルを含んだハンドクリームがおすすめです。
ミツロウとは、ミツバチが体から分泌するロウのことで、巣をつくる際に腹部にある分泌腺から分泌します。ミツロウには、お肌を保湿し、柔らかくする効果があるので、クリームやリップクリームによく使われています。
ホホバオイルとは、アメリカ南部やメキシコ原産の植物、「ホホバ」の実や種からとれるオイルのことです。昔から、ネイティブアメリカンによって傷の治療などに使われていたオイルで、現在も、人工心臓の潤滑油として医療の現場でつかわれており、たいへん安全性が高いオイルです。お肌の代謝を促し、柔らかくきれいなお肌へと導いてくれます。

手荒れを改善したい

手荒れを改善したいときは、カモミールエキスや、甘草エキスを含んだハンドクリームがおすすめです。
カモミールエキスとは、キク科の植物、カモミールから抽出されて成分で、ヨーロッパでは昔からハーブとして用いられてきました。カモミールエキスには、炎症を抑え、荒れた肌を整えるカマズレンという成分や、菌の増殖を押さえる作用のあるビサボロールという成分が含まれており、手荒れの改善に効果があります。
甘草エキスとは、マメ科の植物、甘草(カンゾウ)の根や茎から抽出された成分で、昔から傷の治療や炎症を抑えることができる漢方生薬として使用されてきました。肌荒れをおさえ、ニキビを予防する効果もあり、現在は、漢方としてだけでなく、多くの化粧品に含まれています。

エイジングケアしたいとき

エイジングケアをしたいときは、ローズヒップオイルやザクロオイルなどの成分がおすすめです。
ローズヒップオイルとは、ワイルドローズの種子から抽出されたオイルです。キャサリン妃もこのオイルを愛用しているそうです。ローズヒップには抗酸化作用があり、しみやシワを増やす原因である活性酸素から体をまもってくれます。ビタミンAや必須脂肪酸(オメガ3、オメガ6)、脂肪酸(オメガ9)、ベータカロテンを含んでおり、日常生活でダメージを受けた肌を回復する効果を持っています。
ザクロオイルとは、ザクロの種から抽出されたオイルです。ザクロオイルには、細胞を活性化してくれるプニカ酸という物質がふくまれています。この物質は、シワやたるみ、くすみ、シミに効果があり、コラーゲンの生成も助けてくれます。まさに、エイジングケアにぴったりのオイルです。

オーガニックハンドクリームのおすすめの使い方

おすすめの使い方は、まず手のひらにクリームを適量とり、両手の手のひらをこすり合わせてクリームを体温まで温め、その後、手全体にクリームをのばしましょう。このとき、手を広げた状態でクリームをのばすのではなく、指を曲げて手をグーの状態にして、皮膚に擦りこむようにすると、指のしわまで成分が入り込み、より効果を実感しやすくなります。
オーガニックハンドクリームには様々な種類のものがあり、それぞれ含まれている成分や効果も違います。目的に合ったお気に入りのハンドクリームがみつかったら、効果がでるまで時間がかかるものもあるので、まずは中身がなくなるまで使い続けましょう。その時のお肌の状態によって、いくつかクリームを使い分けるのもよいでしょう。
自分にぴったりのオーガニックハンドクリームをみつけて、しっとりとした美しい手を目指しましょう。

【オーガニックハンドクリーム】国産・日本製のおすすめオーガニックハンドクリーム

おすすめオーガニックハンドクリーム ロサ・ルゴサ ハンドクリーム

ロサルゴサハンドクリーム
オーガニックコスメブランド「ロサルゴサ」が展開する国産ハンドクリームです。

北海道産のヒマワリ種子油をはじめ、ナタネ油やハマナス花水などの天然由来成分を凝縮することで、保湿力が高く、皮膚の水分を補い、手に潤いを与えてくれます。

クリームは肌になじみやすい滑らかなテクスチャーをしています。しっかり保湿しながらも、ベタつきがなく、さらっとした使い心地も魅力です。家事や仕事のときに使っても気になりません。内容量は40gと鞄に入れて持ち運べるサイズなので、外出先でも手のかさつきが気になったときにすぐ使うことができます。

また、可愛らしい花のパッケージデザインなのもポイントです。ほのかなローズ系の香りで心も癒されます。
https://rosa-rugosa.jp/line_up/hand_cream/handcream

ロクシタン(L’OCCITANE) シア ザ・バーム

ひどい乾燥から手を守る、保湿成分のシアを25%配合したハンドクリームです。

高濃度のシアバターは外的ストレスから保護し、整肌成分のアラントインがしなやかな肌触りへと導きます。乾燥が気になるときはもちろん、ハンドクリームをこまめに塗り直すことができない方にもおすすめです。

パックのように、厚めに塗ってしばらく置くという使い方をしても効果があります。濃厚な香りに心が癒されるだけではなく、50mlと持ち運びやすいサイズなので、外出時にも重宝します。

また、こちらの商品に使われているシアバターは、アフリカのブルキナファソで働く女性たちとのフェアトレードによって作られたもので、30年以上シアを育みサポートしてきた背景や歴史も魅力的です。

ヴェレダ ざくろ ハンドクリーム

500kgのざくろ種子から1kgしかとることができないざくろオイルを豊富に使った、手の乾燥を集中的にケアできるハンドクリームです。

プニカ酸と呼ばれるざくろ特有の不飽和脂肪酸がたっぷり含まれているので、潤いだけではなくハリも与えてくれます。

年齢を重ねた手元でもしっとりと上質な肌へ導きます。

軽いテクスチャーなので肌になじみやすく、寝る前に優しくマッサージしながら使うと効果的です。もちろん、水仕事のあとなど気になったときに使ってもOK!こちらの商品の特徴でもあるフルーティーでスパイシーな香りは、贅沢で優雅なくつろぎの時間を演出します。

持ち運びがしやすいサイズで、女性らしいパッケージデザインなのでプレゼントとしても喜ばれます。

サボン ハンドクリーム デリケート・ジャスミン

さらりとした使い心地なのに、しっかりと潤うハンドクリームなので日常使いにピッタリです。

保湿力が高いシアバターを配合し、伸びが良いテクスチャーといった特徴を持つ優れものです。
心地の良い上質なオイルの感触が魅力で、時間が経過するとさらっと肌が整います。気になる乾燥部分にマッサージをしながら馴染ませて使うと効果的です。ハンドクリームを塗るとジャスミンがイメージされた、上品なフローラルの香りが広がります。

持ち運びやすいサイズなうえ、便利なチューブタイプなので外出先でも乾燥が気になったときにすぐ使うことができるのも嬉しいポイントです。淡い可愛らしいパッケージデザインをしており、自分用はもちろんプレゼントとしてもおすすめです。

ママバター ハンドクリーム

天然由来95%のハンドクリームです。保湿力が高いオーガニックシアバターを使い、乾燥ダメージを補います。

ベタつきのない、さらっとした使い心地なのに潤いが持続します。家事や仕事のときにも心地よく使うことができるのが嬉しいポイントです。また、乾燥した手はもちろん、爪や爪周りなどもしっかり潤してくれるのも特徴です。

ハンドケアとネイルケアを兼ねているクリームなので、指先の乾燥が気になる方にもピッタリです。

また、ハンドクリームには香りが付いたものが多いですが、こちらは無香料なのでハンドクリームの香りが苦手な方にも向いています。40gサイズで持ち運びしやすく、シンプルなデザインで場所を選びません。お手頃な価格でコスパが良いところも魅力です。

lavera(ラヴェーラ)ハンドバーム プレミアム

人間の身体を、そして環境を何より大事にするドイツから来た「ラヴェーラ」。
合成成分や保存料等は一切使わないオーガニックコスメを扱っています。
そんなラヴェーラから、お肌に合わせて選べるハンドクリームが新たに発売されました。

『ハンド&ネイルクリーム』は、手だけでなく、爪もケアしたい方に。
『センシティブハンドクリーム』は、敏感肌の方に。
『アルガンリッチ ハンドクリーム』は、手に現れやすい年齢に対して、角層にまでしっかり浸透するので、アンチエイジング対策を目指す方に。
『ハンドバーム プレミアム』は、冬の厳しい乾燥に素早く対応します。

いずれのクリームにも、オリーブオイル、シアバター、アルガンオイル、アロエベラといった天然オイルが主成分で、抗酸化作用や保湿効果、肌の軟化作用が手肌や爪を美しく保ちます。

AVEDA(アヴェダ)ハンドリリーフ

アヴェダのハンドクリームは、『土壌から製品まで』という理念を持っているので、環境を破壊すること無く、また人間の手を合成の成分や農薬等で傷めることのない製品を作ることに努めています。

主成分は、オーガニックのオレンジ、ラベンダー、ユーカリ等のエッセンスですので、アロマが脳に直接働きかけ、リラックス効果も得られます。
また、その香りもオーガニックが主成分なので、キツクなく仕事中でも安心して使える点がOLの皆さんにも好評です。

テクスチャーはやや固めなので、マッサージをするようにして、手にすりこんで下さい。そうすると、肌にしっかり付いて乾燥を防ぎ、手や指をしっとりと整えます。しかもベタつきが無いのもアヴェダのハンドリリーフが人気の理由です。

ダマスクローズ ハンドクリーム

あのクレオパトラも愛したと言われるダマスクローズ。数多いバラの品種の中でも、その芳醇な香りから『バラの女王』と言われてきました。
近年では、スキンケア商品や化粧品にも使われているダマスクローズは、肌を引き締める効果や潤い効果に優れています。

このダマスクローズ150綸分のエキスを配合したのが、ダマスクローズ ハンドクリームです。
肌への効果はもちろん、その高貴な香りで気持ちまで癒されます。

また、他にも上質なオーガニック保湿成分が潤い溢れる手肌へと導いてくれます。
例えば、ミツロウは肌の保湿の他、皮膚の乳化作用に優れ、肌をしなやかにします。
また、オーガニックハチミツは肌本来の弾力を取り戻します。
皆さんご存知のシアバターは、天然の保護クリームです。肌本来が持っている回復力を蘇らせます。

ウェリナオーガニクス

ウェリナは『生まれたての赤ちゃんでも使えるものを』を創業以来のコンセプトとしています。
その為、全製品にハワイの島々から取れた『厳選オーガニック植物原料』と『海洋深層水』が使われています。

天然100%に拘っているので、敏感肌の方でも、アトピー肌の方でも使える点が嬉しいですね。

ウェリナから新発売されたのが『超濃厚ハンドクリーム カレア』です。
カレアは、手肌を潤すだけでなく、肌サイクルをアップさせることで、アンチエイジング効果に優れているのが特徴です。

顔や首だけでなく、年齢の出やすい手の甲にもアンチエイジングを心がけたいものですね。

超濃厚ハンドクリームは、抗酸化力の強い有機エクストラヴァージンココナッツオイルとミネラル豊富な海洋深層水を贅沢に配合したクリームです。
手だけではなく、ひじや膝、かかと等の乾燥しやすい部位にも使うことをおすすめします。

KNEIPP(クナイプ)

日本では、入浴剤で有名なクナイプですが、このメーカーはドイツで125年以上も前に生まれたハーバルブランドです。
植物や水と言った自然の生命力・恵みを活かして、入浴剤やハンドクリーム等を作っています。

中でも、ハンドクリームはクナイプが厳選したハーブ、植物オイルを基に作られており、パラベンやシリコン、鉱物油着色料等は一切使っていません。

ハンドクリームは6種類あります。

さらっとしたタイプからしっとりタイプまで揃っていますので、自分に合うタイプとお好みの香りを見つけ、滑らかな手肌と、香りに依るリラクゼーションも楽しみましょう。

オーガニック植物オイルは、必須脂肪酸、ビタミンが豊富に含まれており、角質層までしっかり浸透して保湿します。また保湿効果だけでなく、高い美容効果も期待出来ます。

オイルを使っていますが、べたつき感がなく、ジェルタイプに近いので、ベタつきが苦手な方にお薦めの使いやすいハンドクリームです。